ITパスポート試験の概要

2020/09/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

試験内容や出題範囲について

受験資格

受験資格は一切ありません。年齢、学歴等に関係なく、どなたでも受験できます。

試験の日程

ITパスポート試験は年2回開催されています。

春期:4月第3日曜日
秋期:10月第3日曜日

試験会場

全国の主要都市60ヶ所以上で開催されます。
詳しくは下記のページをご覧ください。

>>【ITパスポート試験】試験開催状況一覧

試験時間

120分

出題形式

多肢選択式(四肢択一)
小問形式(総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行います。
残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます。)

◎出題数 100問

◎分野別出題数

  1. ストラテジ系(経営全般)……35問
  2. マネジメント系(IT管理)……25問
  3. テクノロジ系(IT技術)……40問

◎配点 1000点満点

合格基準

3分野(ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系)それぞれで分野の基準点(30%以上)を満たし、かつ3分野の合計得点が一定基準(60%以上)に達した場合合格となります。

※合格証書には総合得点と分野別得点が記載されます。

受験費用

5,700円(税込)です。振り込み手数料は各自の負担となります。

申込方法

申し込み期間内に『IPA 情報処理推進機構』ホームページよりインターネット経由で申し込みできます。
願書郵送による申し込みもできます。願書はIPAの本部と6箇所の支部、全国の主な書店にて配布しています。

出願時期

[春期]
案内書・願書配布……1月上旬~
願書受付終了……2月中旬

[秋期]
案内書・願書配布……7月上旬~
願書受付終了……8月中旬

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright©    ITパスポートの効果的な勉強法を考えましょう , 2020 All Rights Reserved.