ITパスポートに受かってから、どう使うといいのか

ITパスポートの試験にパスしたら、その先はどんな道を歩んだらよいでしょうか? 

・仕事やキャリア

ITパスポートで学ぶことは、IT社会で生活していく上で必ず持っていないといけない知識全般です。すでに会社員といった形で企業や団体に所属している身の上なら、その職場でITを使ったシステムが出てくるたびに、使うように心がけるべきでしょう。セキュリティ面での注意点をはじめ、使う気があるなら使える場面は必ず出てくるはず。

まだ仕事が決まっていない、あるいは仕事を変えたいなら、面接の場でなるべくITパスポートを使いたいですね。ITパスポートは人気や評価が目立つほど高い資格だとはいえません。よって、ただ履歴書や職務経歴書に記入したところで、それだけで採用が促進されると思っていてはいけません。つい最近まで就職難が続いていたため、面接の練習やシミュレーションをやる人が増えていますが、「ITパスポートに受かっていることを書いた上で、どんなPRができそうか」実際に分析して、練習してみることがおすすめです。

・資格や技術

ITパスポートは、ITや情報処理関係の資格の登竜門のような位置づけにある資格です。実際にこの資格を取得してから、基本情報技術者といったもっと上級の資格の勉強を開始する人は全国的に多くなっています。
ITパスポートで、IT全体の基礎知識を取得してから、専門性の高いスキルの勉強に打ち込むことは、勉強のスピードを速めるという意味でとても有効でしょう。