ITパスポートにはITコーディネータを受けるときのメリットがあります

ITパスポート試験は、はじまってからまだ短い歴史しか持っていません。しかしその分、開始当初と比べてメリットが随時増えているといううれしい真実があります! 

そんなITパスポート資格のメリットのひとつに、よその「資格試験制度への優遇措置」がありますね。その第一歩のように受け取られているのが、「ITコーディネータ」の試験です。

ここでITコーディネータという資格についてざっくりと説明しましょう。この資格は、経営者のためにITのアドバイスやサポートを行うことを主目的とした資格です。これも今世紀に入って間もないころに設置された資格で、まだ日の浅い資格です。しかし経済産業省が積極的に促進している資格で、この資格の運営団体には数々の団体(たとえば、商工関係の団体や中小企業関係の協会等)が積極的に参画しています。企業の中には、自社の社員に受験を推奨するケースが何年も前から出ています。

そして、このITコーディネータの試験については、部分的な免除を認める制度があります。この制度を利用するには、また別の試験を受けるという少しややこしい仕組みになっているのですが、いずれにしてもその別の試験を受けるには、ITパスポートの試験で所定の点数をクリアしていることが条件に選ばれているのです。

ITパスポートの試験範囲は、確かにどんな企業経営を目前にしても有益な内容ばかり。それが、このような形で認められているわけですね。