ITパスポートの合格率はどんどん変わっています

ITパスポートの勉強法を説明する前に、たぶんITパスポートのこれまでの難易度や合格率を説明したほうがいいですかね? ITパスポートの試験がはじまってからまだ数年なんで(ITパスポートの前身の試験がありましたけどね!)ITパスポートの合格率もたったの数年分なんですが。
しかし制度が最近変わったばかりでちょっとややこしいんですよね。
平成23年度まで(年2回の時代の、ITパスポートの合格率)

 

受験者数

合格者数

合格率

平成21年度 春季

39131人

28540人

72.9%

平成21年度 秋季

61313人

31080人

50.7%

平成22年度 春季

52299人

22098人

42.3%

平成22年度 秋季

60056人

31161人

51.9%

平成23年度 特別

48482人

21714人

44.8%

平成23年度 秋季

46545人

28503人

61.2%

平成23年度秋以降(月に1回になってからの、ITパスポートの合格率)

 

受験者数

合格者数

合格率

平成26年 11月

5550人

2667人

48.1%

平成26年 10月

5596人

2586人

46.2%

平成26年 9月

5962人

3035人

50.9%

平成26年 8月

5874人

2882人

49.1%

平成26年 7月

5205人

2534人

48.7%

ITパスポートの試験は歴史が浅いせいもあって、あまり試験の難易度は安定していないといわれてきたそうですね。
ITパスポートだけに限ったことじゃありませんが、資格が誕生して何年もたっていない場合、試験を主催する人たちも、毎回毎回の試験のやり方や問題のつくり方に四苦八苦するらしいです。

特に最初の頃のITパスポートは、合格率の変化が大きくて、いろいろな噂が流れてしまってましたね。
年に2度開催していたこともあって、すぐに合格率は4割から5割の間に落ち着くようにされてきたんですけど。

それから、ITパスポートは昨年の暮れからCBT試験に変わったので、合格率も含めて何もかも変わりました。
CBT方式導入後のITパスポートの合格率は、また落ち込んだように見えたんですけど、 それでも年をまたいでしばらくの間は安定してたんです。しかしだんだんと低下している傾向もあって、 CBT導入後は合格率も難易度もシビアになったといわれていますね。

それでも、ITパスポートの試験は、直近の合格率から想像するほど難易度が高い試験じゃないです。
受かる望みは、じゅうぶんにありますから、ここにまとめた合格率に流される必要はぜんぜんないですよ。